こんなお悩みはありませんか?

  • なんとか手術をしないで股関節の痛みを克服したい
  • 痛み止めを飲むこと、飲み続けることに抵抗がある
  • 病院に行って検査だけで、「痛みが強くなり我慢できなくなったら手術します」で終わってしまい薬だけを出してくれる
  • 病院では術後のリハビリはするのに、手術をしないとりはびりをしてくれない
  • 歩いているときに急に股関節がずれるような痛みが出てきて歩けなくなる
  • 腰もヘルニアを持っており、年々股関節の痛みが強くなってきている

 

変形性股関節症の原因

変形性股関節症の原因は、臼蓋形成不全と言われております。
これを聞くと、もともとの骨の状態でなっているから仕方がないと思う方が多いかもしれません。
しかし、救外形成不全ではなくても、股関節が不安定になることで骨の変形が進行する方が多くいます。
股関節が不安定になる理由は多くあります。
例えば
腰椎ヘルニアがあり、神経圧迫があってお尻の筋力低下が起こり股関節の不安定感が出て痛みが出る。
膝が向きが外側に入ってしまい(O脚)、股関節が外旋位になり股関節の不安定になり痛みが出る。
足首が捻挫癖があり、股関節に負担がかかり痛みが出る。

などなど。
変形性股関節症は、痛みが出ている関節だけでなく上下の関節に原因があることが多いのです。
関節が正常範囲動いてくれていない(筋肉の癒着・瘢痕)が起こり、筋力低下→股関節の変形→痛みにつながっていきます。
変形性股関節症は、かなりの月日が経って徐々に進行していくものだと考えてください。
痛みを軽減だけを目的とした、施術や治療だけでは不十分と言えます。
股関節を安定させるリハビリやトレーニングなどを痛みの軽減の治療と共に行っていく必要があります。

変形性股関節症の自分で出来る検査

・股関節をどのように動かしたら痛いのか?
それが体重をかけていると痛いか?かけてなくても痛いのか?確認する。
・歩いているときに引っかかる感じがあるか?
・階段や段差を降りるときそれとも上がるときに痛みが出るのか?

変形性股関節症画像

変形性股関節症の治療や施術・リハビリの当院の考え方

変形性股関節症と診断されると、症状が進行していくと手術ということになります。
病院だと、手術が必要になるまでは注射や痛み止めの治療を行うことが多いです。
同時にリハビリやトレーニングを行なうことが大切ですが、総合病院などは手術をしないとリハビリは行えない、整形外科だと電気治療やマイクロ(温熱)などを10分程度行うことが多いと思います。
リハビリやトレーニングが必要だと思っていても変形性股関節症を良くしていく為には何をしていけば良いのか?わからないといった方々が多いのが現状だともいます。

さくま整体院の変形性股関節症の施術

問診を通してまずは身体の現状を確認します。その後、姿勢評価・関節可動域・筋力検査・整形外科テストをおこない変形性股関節症の根本的な原因を探し出します。
その根本的原因を患者様に知っていただき施術を提供していきます。

当院では、ラジオ波、特殊電気治療(ハイボルト)、骨盤矯正・姿勢矯正(トムソンベッド)・EMS電気治療(筋力アップを目的とした)を組合して施術していきます。

まず患者様の主訴で多いのが痛みなのでその除去を中心に行っていきます。
その後、根本的な原因の解消のために施術を行います。

ご自身の良い体の状態をキープしていくために、運動療法(リハビリ)トレーニングを行っていきます。
ご自身で変形性股関節症の痛みが出にくい状態にできるよう、そして自立できるように頑張っていきましょう。

変形性股関節症画像

整体(オーダーメードの手技療法)

料金 6,500円(税込)

骨盤矯正・姿勢矯正(トムソンベッド)

料金 6,500円(税込)

骨盤矯正・姿勢矯正(トムソンベッド)の詳細はこちら

ハイボルテージ療法(特殊電気治療)

料金 5,000円(税込)
営業時間
10:00〜13:00
15:00〜20:00