2021.09.28更新

さくま整体院の佐久間です

当院にも膝の痛みで困っている方々が来院されます。

病院や整形外科にかなり言ったけどなかなか良くならない

整骨院や整体・マッサージ・電気治療などの物理療法など試してみたけどなかなか改善しない

など

様々なお悩みをうかがうことが多いです

 

私は、長く整形外科の理学療法室でリハビリをさせていただいたので

膝の痛みにで悩む方と向き合ってきました。

整形外科だと

①レントゲンやMRI・CTなどの検査

②骨や靭帯・軟骨などの異常があるかないか確認

③変形性膝関節症・前十字靭帯損傷・軟骨損傷など診断

④症状の軽減するための薬・シップ注射などの治療(特に痛み)

⑤リハビリ施設がある整形外科であれば

電気治療

温熱治療

理学療法士によるリハビリを行う(理学療法士がいない院は電気温熱治療のみの治療)

 

これが整形外科クリニックの流れになると思います

 

この過程で良くなれば、ある意味良いのではないかと私は思います・

しかし、この過程で良くならない方や疑問を持つ方が当院に来院されることが多いと印象があります

(整形外科に行っても痛み止めやしっぷで終わりでしょうという方もいますが、診断していただくことも大切です)

 

そんな方々に当院はお力になれると考えております

当院では、このように整形外科や他の整骨院や鍼灸院・カイロプラクティックなどで行ってきた施術など

その患者様が行ってきた治療や施術をお伺いして、その中でどのようなことは有効だったのか?

足りない部分があるのか?など患者様とともに考え施術をしていきます。

 

例えば、変形性膝関節症の患者様は

①整形外科でヒアルロン酸注射を行い電気治療を行っている

それでも

なかなか良くならない

当院は

②膝周りの柔軟性の低下

③おしりの筋肉の筋力を上げる

④膝の筋膜癒着瘢痕を改善する

ことをしていきます

④膝の筋膜癒着瘢痕を改善するということが一番大切になります

そして当院がこの部分が一番得意な施術となります

是非、膝の痛みがなかなか良くならない方がいましたら、自分が行っている治療は

何をしているのか?

そして何が必要なのか?

考えてみてください。

 

投稿者: さくま整体院

2021.09.17更新

さくま整体院の佐久間です。

この2年間に急激に日常生活が変わってきたように思います

「テレワークが多くなり出社などしないので歩かなくなった」

「外出しないので極度にカラダを動かさなくなった」

などなど

それでおこってきていることは

ぎっくり腰

肩こりを中心に首や背中のハリ・ツッパリ感

などです

もっと悪くなると

痺れや痛みが継続してしまうことが多いです

そのようなことで、当院にもいらしてくれている方々が多くいらっしゃいます

「とりあえず症状・痛みやつらさなどをなくしてほしい!」

これって当たり前ですよね

しかし、

症状の痛みやつらさを一時的になくす施術をすること=対処

症状の痛みのつらさを作っている根本原因を施術すること=改善

対処だけになると何回も同じような症状が繰り返されることが多くあります

当院では、痛みや辛さの症状を軽減だけの対処を目的としないで、

痛みや辛さの症状を出す根本原因を改善することを目的として

日々施術しております。

小難しくなってしまいましたが、こんな時だからこそ

本格的に自分の身体と向き合い改善していくことが大事だと思っております

 

sisei

 

投稿者: さくま整体院

2021.09.14更新

さくま整体院の佐久間です。

私は、生まれ育った地元恵比寿広尾で整体院を開業させていただいております。

来院していただける患者様や地域の皆様や同級生などに相談されることが多いのが、

病院や整形外科を複数受診したけど先生方が言っていることが違ったり、

診断名、見立てが違っているということがことが多いのでどのように理解していけば良いのか?

ということが多いです。

Aの○○病院の先生は、腰椎ヘルニアである。内視鏡の手術が必要

Bの○○整形外科の先生は腰椎ヘルニアである。しかし、手術は必要なくブロック注射と薬で様子見

Cの○○腰の専門病院の先生は腰椎ヘルニアである。しかし、手術は必要なくリハビリで様子を見る

など様々なパターンがあります。

実をいうと私も交通事故の膝のけがでこのようなことが起こっていました。

患者さんの立場でどの先生を信じればよいのか?

と思いますよね。

そんな時にまず考えないといけないのが、しっかりとした

検査をしているか

例えば、MRI、CTなど検査をして検討しているか

そして腰椎ヘルニアであれば、何番目のヘルニアがあって

自分の症状

太ももの外側にしびれがあるのか?

各関節の関節可動域の異常はあるのか?左右差は?

筋力がしっかりあるのか?左右差は?

と確認する必要があります

本来ならば、病院や整形外科の先生がこのような症状を確認してくれますが、

お忙しい先生も多いので自分自身で確認してみる。できない方は私みたいな理学療法士や柔道整復師の国家資格を

お持ちの方にお願いしてみるのもよいかもしれません

そこから、ネットで調べたり、各先生方のお話を照らし合わせて共通している部分と相反している部分と並べてみて

考えていくこと

やっぱり最後は自分で決断するしかない!

と私は思っています

是非、自分で納得できるぐらい調べて決断していただけると良いと思います。

いつも私が出来ること、ネットでの調べ方や基本知識などはお伝えしております

 

私は、膝の骨が壊死してきていますが、手術をしないと決断しました。

その代わり、膝に負担がかからないようなカラダを作るためのトレーニングやリハビリを徹底的に行い

知識を高めております

皆様の何かのお役に立てば幸いです

 

投稿者: さくま整体院

2021.09.05更新

さくま整体院の佐久間です。

整骨院から整体院になったこともあり施術の考え方が変わったのか?施術方法が変わったか?

とよく聞かれます。

変わってはいません。

当院の施術は、大きく4つに分かれます。

①痛みをコントロールすること(ペインコントロール)

→電気治療(ハイボルテージ)

②関節を正常に動かす、癒着や瘢痕というものを取り除く

→ラジオ波(スイムス)
③安定性、筋肉をしっかり使えるようにする

→EMS

④骨格(骨盤背骨など)正しい位置にする。カラダを正しく省エネで使えるように連動させる

→トムソンベッド

 

この4つをバランスよく施術をしていくことにが大切になります。

 

私は関節の癒着や瘢痕という関節が正常に動かないことに対して施術がうまくいっていないケースが

多くありました。

本当に患者様のこの関節の動きを良くできればもっと良くなるのに

ある程度関節が動くようになったけど、完全に良くならない

なんて悔しい思いをしていきました

これを可能にしてくれたのがラジオ波(スイムス)です

この癒着や瘢痕での関節の動きの悪さは、ラジオ波で筋膜リリースをすることによって

すごく良くなると思います。

関節可動域が良くなれば、さらなる運動療法やトレーニングをすることよって正しい体の使い方ができるようになる

本当に良い流れに自分の身体がなっていきます

私は自分自身の交通事故でのケガでそんな体験をすることができました

 

是非、このような施術の考え方で行っていますのでお身体で困っていることがありましたら

ご相談いただければと思います。

 kangaekata

投稿者: さくま整体院

2021.08.25更新

さくま整体院の佐久間です。

昨日が開会式でした

ブルーインパルスが上空を飛行していたのが当院からも見ることができました

選手の方々は感染予防を万全にしていただき頑張っていただきたいと思います。

選手の皆様は障害をお持ちの方々

私も、理学療法士になるための研修時にパラスポーツをしている方と一緒に走ったことがあります

義足ながら凄いスピード感!メタボだった自分は全然走れずに・・・

すごい量のトレーニングをされていました。

私も、交通事故に遭い膝に後遺症を抱えてしまいました

パラリンピックの選手の方々よりは全然軽い障害だと思いますが

まだまだリハビリを継続し、私の目標である

野球をやりたい!それも全力で!

これを達成するために頑張ろうと新たな決意ができました。

皆様はそんな目標はありますか?

痛みや辛さそして体の健康って失ったときにはじめて重要性が身に染みてわかります

小さい大きいとは関係なく、自分の身体を見つめて向き合ってみてください

良くならないと諦めているものも何か可能性があると私は信じて行動していきます

 

みんなでパラリンピックを応援できればと思っております

pararin

投稿者: さくま整体院

2021.08.13更新

terewa-ku

さくま整体院の佐久間ですここ数年では「テレワーク」でお仕事をされている方々が多くいらっしゃいます

当院に通っていただいている方々もテレワークが多い

私はテレワークって家で自由に時間を使って仕事をすることだと思いました

しかしそれは違いました

オンラインのミーティングだったりと時間に追われている方々が多いと聞きました

本当に家というくつろぐ場で仕事という責任あることを行うのは

すごく大変

しかし、身体の面では動かない状態が続いていくので様々な不調が出ます

当院で最近一番多いのは背中の痛みです

背中って頭と腰・骨盤をつなぐ長い筋肉が多いので

その筋肉が疲れてくる→短縮(固くなる)→身体の背骨や骨盤のゆがみ→姿勢が悪くなる→痛み辛さの出現

という流れが多いです。

なので、運動・ストレッチ・ランニングまたはトレーニングをしなければ!なんて思われて行動する方が多い

それは素晴らしいです!

でも

身体の背骨や骨盤のゆがみで姿勢が悪くなったりバランスを崩したりした状態で

適切な運動やストレッチ・トレーニングができるとは思えません!

テレワークでの身体の痛み不調がありましたらご相談ください。

 

 

投稿者: さくま整体院

2021.07.26更新

さくま整体院の佐久間です

昨日も「下腿・足部障害と機能改善アプローチ」という勉強会に参加しました

私は、2年4か月前に交通事故に遭い、足の裏からすね辺り痺れがあります

これは脛骨という骨が粉砕骨折といってこなごなに折れているので

交通事故の衝撃の際に神経を痛めてしびれがおこっています

それによって、足の裏やすね辺りの筋力が弱っている

そのため歩行が悪いんです

その歩行を良くしたいと考え今はリハビリやトレーニングに励んでいます

ここで質問ですが

人って1日何歩くらい歩きますか?

→6000~7000歩(平均値)

呼吸をどれくらいしますか?

→2万回(平均値)

人それぞれではありますが

この歩行する、呼吸するは運動(エクササイズ)です

当たり前ですが、これが人間の運動動作で一番回数が多いものになります

歩く動作が悪い→効率よく歩けない→負担がかかる→筋肉、骨の同じところばかりを使う→痛くなる(腰痛やひざ痛の原因)

呼吸が浅い→横隔膜の動きが悪くなる→呼吸補助の筋肉首や肩についている筋が過剰に収縮する(肩こりの原因)

 

自分の歩行や呼吸が効率よくできていますか?

色々と書きましたが自分ご自身で違和感を感じていませんか?

そのような方がいましたら、是非当院にご相談ください

 

投稿者: さくま整体院

2021.07.19更新

佐久間整体院の佐久間です。

この前来られた患者様が

「ほかの整骨院で施術していたのですが、肩の可動域や痛みが良くならなくて」

とおっしゃっていました。

当院では必ずこれまでどのような施術、そして整形外科や病院で診断や治療を行ってきたか?

ということを初診時に聞きます

その患者様がほかの整骨院で行った施術は

①ハイボルテージ

②トムソンベッド(整体ベッド)

③EMS(楽トレという電気治療)

その目的って何ですか?

と患者様に聞くと

「良くなるためですよ」

「よくわかりません」

とお答えになると思います。

おそらく説明はされていると思いますし忘れているかもしれませんので

私は問診の中で

①ハイボルテージ→目的痛みコントロール

②トムソンベッド→身体の骨格を整えていくこと

③EMS(楽トレ)→骨格を整えて維持していく

などと

目的を推測して

患者様の主訴である肩関節の可動域がなぜ良くならないのか?

ということを推測して、検査していきます

この患者様の場合は

骨格や体のバランスはよかったと思いますが

肩関節の拘縮

が改善していなかったので

当院でラジオ波(スイムス)で施術を行っています

このラジオ波は筋肉や関節包やじん帯の拘縮にすごく良いですね

 

このようにして、患者様一人一人にお身体の抱えている問題点が

違っていたり現状が違います

是非何かありましたらご相談ください

投稿者: さくま整体院

2021.07.13更新

さくま整体院の佐久間です。

私は3カ月入院、2年間、整形外科クリニックや病院でリハビリをしてきました(現在も進行中)

しかし整形外科のリハビリであっても色々なところがあります。大まかには2つに分かれます

①物理療法(物理療法→電気治療、マイクロ、頚椎・腰椎牽引など)

②物理療法+理学療法士か柔道整復師がマッサージや運動療法を行う

この2つがあります。

どちらが良いでしょうか?

どちらが良いなどとは一概には言えませんね

その方の症状に合わせたリハビリが必要だと私は考えます

リハビリの目的ってこう考えると

痛みをコントロールが主になることが多いですね

しかし、痛みをコントロールし続けていても

痛みを出している根本的な原因を改善したり痛みが出にくい体の使い方などは習得できないです

私は、リハビリやトレーニングの目的は脳トレと考えています

正しい関節の動き、筋肉を正しく使っていく

そして

正しい身体で負荷のない身体の使い方をしていくこと

それを脳に思い込ませていくこと(モーターコントロールと言います)

脳トレですね

是非辛いリハビリトレーニングと思われている方がいましたが、

脳トレと思って自分の身体を良くしていきましょう!

 

投稿者: さくま整体院

2021.07.07更新

さくま整体院の佐久間です。

私は2年3カ月前に交通事故に遭い、

「膝関節 脛骨高原骨折」

「肩腱板損傷」

というケガをしました。

「膝関節 脛骨高原骨折」ではプレートという金属を入れる手術をしました

粉砕骨折と言って粉々に骨を折ってしまいました

残念ながら、後遺症が残ってしまいましたが

まだ治すことに諦めておりません

本日、いつもお世話になっております

整形外科の先生にヒアルロン酸の注射をしていただきました

ヒアルロン酸は通常週1回行っていき5回打って

痛みの改善はあるのか?

と判定していくことが多いです。

本当に痛み(ペイン)をコントロールのプロフェッショナル!!

本当にいつも感謝しております

しかし、最後に整形外科の先生に言われたことは

痛みをコントロールしているときにリハビリや筋力トレーニングをしてくださいね

これってどういうことでしょうか?

痛みをコントロールしながら、痛みが出る根本的な原因を解決するための治療やトレーニングをすることだと思います。

私の場合は

膝関節の痛みがあります。それはケガをして手術をしているし骨も壊死していて変形も進んでいる

やれることがないかと言えば私はあると思います

 

骨盤や背骨のゆがみを解消

体幹(腹筋)を安定させ

お尻の筋肉を強化して

大腿四頭筋やハムストリングスを強化

そして正しい体の使い方を学ぶ

脳にインプットしていく

 

できることは沢山ありますので

是非膝の痛みでお困りの方はご相談いただければと思います。

sakuma-seitai-igarasisensei

投稿者: さくま整体院

前へ
さくま整体院 03-6277-4052
恵比寿駅からさくま整体院までの道のりガイド
料金のご案内 ご利用者の声
さくま整体院BLOG 院長挨拶
facebook 提携治療院