2022.04.28更新

大変お世話になっております。

ゴールデンウィークの診療日をお知らせいたします。

予約も取りにくくなっておりますが、お問い合わせいただければと思います。

 

4月

29日休診

30日通常診療(10時~13時)

 

5月

1日休診

2日通常診療(10時~13時 15時~20時)

3日休診

4日休診

5日休診

6日通常診療(10時~13時 15時~20時)

 

ゴールデンウィークはお出かけする方が多いかと思いますが、交通事故やおケガに

お気を付けくださいね

 

投稿者: さくま整体院

2022.04.14更新

さくま整体院の佐久間です。

私は、交通事故に遭って膝をケガをしてしまったので、様々なところに通いました。

挙げると

病院、整形外科、リハビリ

マッサージ

整骨院

整体院

マッサージ

鍼灸院

カイロプラクティック

パーソナルトレーニング

などなど

まだまだあるかもしれません。

皆様も同じだと思いますが、困っているとどこか自分に遭った治療がないかな~なんて探しますよね

インターネットで検索

紹介

などが主になるともいますが

色々なところに通って思ったことは

「今の現状の身体の把握がとても大切!!

身体の状態全体を把握しつつ、その症状(痛みやしびれなど)を改善していく

その症状がどれくらいの期間で改善していくのか

というゴールを設定して行っていくことが必要です。

人って痛みや辛さが出た時だけ治療しますよね

これって当たり前だと思うかもしれせんが、身体は色々なことが積み重なって

書状は出るもだと私は考えます。

痛みが出るから治療する、またなくなる、また痛みが出るから治療する

みたいに繰り返していたら身体がどんどん悪くなるだけですね

自分もそうですが、そのように身体と向き合いたくはない。

自分の親からもらった身体を大切にしたいと今は思っております。

是非皆様も「今の現状の身体の把握」をしてみてください

 

 

 

投稿者: さくま整体院

2022.04.11更新

さくま整体院の佐久間です。

この数年はマスクが手放せなくなりました。マスクをつけたくはないけど

しかし、現状ではつけざるおえないと思います。

マスクをつけていると呼吸が苦しくなることは想像がつくと思いまうが、

呼吸がしにくいと肩こりが起こりやすい!ということはイメージはつくでしょうか?

呼吸は横隔膜というある意味筋肉が収縮して、肺を膨らませて呼吸をします。

その横隔膜の収縮が弱くなると、呼吸補助筋と言って首にある筋肉たちがいつもより使われてしまう傾向があります。

その呼吸補助筋が肩こりになることがあります。

本当に呼吸をするって当たり前ですが、とても大切なことです。

正しい呼吸をすることそれは正しい姿勢で日常生活を送ることとイコールです。

是非自分の現状お身体を見直してみてください。

 

 

投稿者: さくま整体院

2022.04.01更新

さくま整体院の佐久間です。

 

ブログの更新が全然なされていないので本当に申し訳ありません。

桜が明治通りにも咲いており、満開になっております。

少しずつ暖かくなってきていますので、気持ちも軽くなっていると思います。

当院は恵比寿にあることや、私が地元ということもあり恵比寿の状況としては、少し元気がないかな

と思っています。

恵比寿と言えば、美味しい・そしておしゃれな飲食店がかなりあるし、ガーデンプレスそしてオフィスが多くございます。

いつも人が多くいて、飲食するのも予約をしないとできないような街でした。

しかし、今はそんな感じではありません。

やはりテレワークなどがあるのかもしれません。

それでいて恵比寿は昔から住んでいる方々も多く、地元の行事も多くある。それもすべて休止中であります。

地元の方々の力は弱っていないと思いますが、今は動けない状態であるといえます。

しかし、これからは恵比寿の町はさらに良くなっていくと思いますし、また違った形で良くなっていくと思います。

だからこそ今は自分も地元恵比寿に貢献できるように自分自身を高めていきたいと思っております。

本当に生まれ育った場所で好きな仕事をできていることを感謝いたします。

 

投稿者: さくま整体院

2021.12.28更新

12月29日(午後)~1月4日まで休診

 

となります。

12月29日は午前中診療いたしますが、予約がいっぱいとなりました。

本当にたくさんの方に来院していただき本当にありがとうございました。

来年も多くの方々のお力になれるように全力で駆け抜けてまいります

本年もお世話になりました。

来年もよろしくお願い致します。

投稿者: さくま整体院

2021.10.12更新

さくま整体院の佐久間です。

当院の周りで自転車と車の事故が起こっております。

恵比寿というと自転車やバイクの配達員(ウーバーイーツや出前館・ピザやさんなど)良くお見掛けします。

みなさん、安全運転を心がけていただいていると思いますが起こるのは交通事故だと思っております。

私も、バイク走行中に車と衝突して交通事故に遭い、約2年半院を休んでいました。

本当にここには書けないくらいいろいろな体験をしてきました。

交通事故のおケガと言っても、軽傷から重傷まで様々です。

私の場合は、「脛骨高原骨折」「腱板損傷」でした

交通事故のおケガで一番多いのはむち打ち損傷(頚部捻挫)や腰部だと思います。

強い打撲(骨挫傷)も多いですね

ケガを治すのが一番大切ですが、事故の相手方や保険会社の方とコミュニケーションをとりお互いが気持ちよく

この事故の処理を行っていく。それもとても大切です。

当院では交通事故に遭われた患者様に少しでも力になれればと思い施術させていただいています。

整形外科の先生とも提携していますので、安心してご相談していただければと思っております。

私もそうですが、交通事故のケガの後遺症に悩まれている方はご相談していただければと思います。

koutujiko

投稿者: さくま整体院

2021.10.10更新

さくま整体院の佐久間です。

私は、約2年6カ月前に交通事故に遭い膝の脛骨高原骨折をしてプレート固定の手術を受けて

3か月入院そして約2年のリハビリ・トレーニングをしてきました。現在もリハビリトレーニングを継続しております

これを聞くと、そんなに長くリハビリトレーニングをしているのか?なんて質問を受けます

私も、治療家として理学療法士として脛骨高原骨折の手術後の患者様のリハビリに携わってきましたが

私の場合は、膝脛骨という骨の関節面が粉々になる(粉砕骨折)であり半月板や軟骨も損傷をしてしまったことにより

膝の曲げ伸ばし、そして立つ歩くといった膝に体重がかかる動作では半月板や骨に負担がかかるので痛みが出てしまい

本当にリハビリは困難なものになりました。さらに人工の骨を膝の関節面に埋め込んでいるのでそれが骨壊死と言って

骨が着かずに現在も人工関節置換術と言って骨をすべて人工のもにという手術を医師から進められています。

ここまで読んでいただいた方々は本当に大変だよね

後遺症が残ってしまって

人工関節の手術をまた受けないといけないの

骨が腐るのって大丈夫なの

と思われる方も多いですし、当院の患者様もそんな言葉を掛けていただけます

本当にありがとうございます。

 

変形性膝関節症はどうしようもないという思い込みが自分の行動を狭くする

治療やリハビリをやらないことによりさらに症状(痛みや可動域低下)が進みます。

そうすると更にすべてのことにやる気がなくなりますよね

私もそのような経験してきましたが、自分の身体は自分で基本、良くしていくことです

私たちはそのお手伝いができるということです

それで良くなっていただく

これが私の喜びであり、

膝が悪い人の一員として皆様と共に施術やリハビリ・トレーニングを頑張ってい行くモチベーションになっております

 

是非、あきらめず自分の身体を治していきましょう

 

henkeiseihizakansetushou

 

投稿者: さくま整体院

2021.09.28更新

さくま整体院の佐久間です

当院にも膝の痛みで困っている方々が来院されます。

病院や整形外科にかなり言ったけどなかなか良くならない

整骨院や整体・マッサージ・電気治療などの物理療法など試してみたけどなかなか改善しない

など

様々なお悩みをうかがうことが多いです

 

私は、長く整形外科の理学療法室でリハビリをさせていただいたので

膝の痛みにで悩む方と向き合ってきました。

整形外科だと

①レントゲンやMRI・CTなどの検査

②骨や靭帯・軟骨などの異常があるかないか確認

③変形性膝関節症・前十字靭帯損傷・軟骨損傷など診断

④症状の軽減するための薬・シップ注射などの治療(特に痛み)

⑤リハビリ施設がある整形外科であれば

電気治療

温熱治療

理学療法士によるリハビリを行う(理学療法士がいない院は電気温熱治療のみの治療)

 

これが整形外科クリニックの流れになると思います

 

この過程で良くなれば、ある意味良いのではないかと私は思います・

しかし、この過程で良くならない方や疑問を持つ方が当院に来院されることが多いと印象があります

(整形外科に行っても痛み止めやしっぷで終わりでしょうという方もいますが、診断していただくことも大切です)

 

そんな方々に当院はお力になれると考えております

当院では、このように整形外科や他の整骨院や鍼灸院・カイロプラクティックなどで行ってきた施術など

その患者様が行ってきた治療や施術をお伺いして、その中でどのようなことは有効だったのか?

足りない部分があるのか?など患者様とともに考え施術をしていきます。

 

例えば、変形性膝関節症の患者様は

①整形外科でヒアルロン酸注射を行い電気治療を行っている

それでも

なかなか良くならない

当院は

②膝周りの柔軟性の低下

③おしりの筋肉の筋力を上げる

④膝の筋膜癒着瘢痕を改善する

ことをしていきます

④膝の筋膜癒着瘢痕を改善するということが一番大切になります

そして当院がこの部分が一番得意な施術となります

是非、膝の痛みがなかなか良くならない方がいましたら、自分が行っている治療は

何をしているのか?

そして何が必要なのか?

考えてみてください。

 

投稿者: さくま整体院

2021.09.17更新

さくま整体院の佐久間です。

この2年間に急激に日常生活が変わってきたように思います

「テレワークが多くなり出社などしないので歩かなくなった」

「外出しないので極度にカラダを動かさなくなった」

などなど

それでおこってきていることは

ぎっくり腰

肩こりを中心に首や背中のハリ・ツッパリ感

などです

もっと悪くなると

痺れや痛みが継続してしまうことが多いです

そのようなことで、当院にもいらしてくれている方々が多くいらっしゃいます

「とりあえず症状・痛みやつらさなどをなくしてほしい!」

これって当たり前ですよね

しかし、

症状の痛みやつらさを一時的になくす施術をすること=対処

症状の痛みのつらさを作っている根本原因を施術すること=改善

対処だけになると何回も同じような症状が繰り返されることが多くあります

当院では、痛みや辛さの症状を軽減だけの対処を目的としないで、

痛みや辛さの症状を出す根本原因を改善することを目的として

日々施術しております。

小難しくなってしまいましたが、こんな時だからこそ

本格的に自分の身体と向き合い改善していくことが大事だと思っております

 

sisei

 

投稿者: さくま整体院

2021.09.14更新

さくま整体院の佐久間です。

私は、生まれ育った地元恵比寿広尾で整体院を開業させていただいております。

来院していただける患者様や地域の皆様や同級生などに相談されることが多いのが、

病院や整形外科を複数受診したけど先生方が言っていることが違ったり、

診断名、見立てが違っているということがことが多いのでどのように理解していけば良いのか?

ということが多いです。

Aの○○病院の先生は、腰椎ヘルニアである。内視鏡の手術が必要

Bの○○整形外科の先生は腰椎ヘルニアである。しかし、手術は必要なくブロック注射と薬で様子見

Cの○○腰の専門病院の先生は腰椎ヘルニアである。しかし、手術は必要なくリハビリで様子を見る

など様々なパターンがあります。

実をいうと私も交通事故の膝のけがでこのようなことが起こっていました。

患者さんの立場でどの先生を信じればよいのか?

と思いますよね。

そんな時にまず考えないといけないのが、しっかりとした

検査をしているか

例えば、MRI、CTなど検査をして検討しているか

そして腰椎ヘルニアであれば、何番目のヘルニアがあって

自分の症状

太ももの外側にしびれがあるのか?

各関節の関節可動域の異常はあるのか?左右差は?

筋力がしっかりあるのか?左右差は?

と確認する必要があります

本来ならば、病院や整形外科の先生がこのような症状を確認してくれますが、

お忙しい先生も多いので自分自身で確認してみる。できない方は私みたいな理学療法士や柔道整復師の国家資格を

お持ちの方にお願いしてみるのもよいかもしれません

そこから、ネットで調べたり、各先生方のお話を照らし合わせて共通している部分と相反している部分と並べてみて

考えていくこと

やっぱり最後は自分で決断するしかない!

と私は思っています

是非、自分で納得できるぐらい調べて決断していただけると良いと思います。

いつも私が出来ること、ネットでの調べ方や基本知識などはお伝えしております

 

私は、膝の骨が壊死してきていますが、手術をしないと決断しました。

その代わり、膝に負担がかからないようなカラダを作るためのトレーニングやリハビリを徹底的に行い

知識を高めております

皆様の何かのお役に立てば幸いです

 

投稿者: さくま整体院

前へ
さくま整体院 03-6277-4052
恵比寿駅からさくま整体院までの道のりガイド
料金のご案内 ご利用者の声
さくま整体院BLOG 院長挨拶
facebook 提携治療院