2018.07.11更新

良く整形外科や病院で「腰椎のすべり症」と診断を受けましたが、治りますか?と質問を受けます。

「腰椎すべり症」になるということは腰椎に負担がかかる身体の使い方になってしまっていることが言えると思います。

それによって、腰痛やぎっくり腰を併発される方・さらに悪化すると椎間板ヘルニアや狭窄症になるかたも多いと思います。

「腰椎すべり症」と言っても進行状況だったり、今のその方の現状を見ないとなかなか治るのか?ということは言えませんが、

一般的いえばすべっている腰椎を元に戻すことはかなりの時間が要すると思います。それも「腰椎分離症」になってしまうとなかなか難しいことがあると思います。

しかし、身体の使い方を改善させ、腰椎に負担を掛けないようなカラダ作りのお手伝いは当院でもできると思います。

例えばですが、腰椎すべり症をもっている方は腰椎前弯と言って腰がそってしまっている方が多いです。

その腰椎前弯になってしまう原因として、

①腹筋と背筋のバランス異常

②骨盤前傾角度の増大(ゆがみ)

③股関節の可動域の低下

など考えられます。

そのような原因が腰椎前弯を増大させ反り腰になり、腰椎に負担をかけて腰椎すべり症になってしまうことがあります。

人それぞれ原因はあると思います

お悩みの方は当院にご相談ください。

 

 

骨盤矯正・猫背矯正、姿勢の調整なら恵比寿・広尾に密着しているさくま整骨院

http://www.sakuma-ebisu.jp/

 

投稿者: さくま整骨院

さくま整骨院 03-6277-4052
恵比寿駅からさくま整骨院までの道のりガイド
料金のご案内 ご利用者の声
さくま整骨院BLOG 院長挨拶
facebook 提携治療院