2020.01.31更新

いつもブログを読んでいただき本当にありがとうございます。

前回のブログでは、病院では無限の時間があるように思え、時間管理をして

リハビリをしていくことを話していきました。

それで、ある方から佐久間先生は理学療法士だからリハビリ知識があるから

リハビリを自分でもできたんじゃないか?

って質問を受けました。

確かに私は大学を卒業後、柔道整復師の学校を3年間、理学療法士の学校を4年間行きました。

一般の方々よりはもちろん勉強もしていますし、治療家になって18年になります

しかし手術して入院3カ月もすると不思議に「患者さん」という視点になります

なのでもちろんドクターの話を聞いて、看護師、理学療法士の話を聞き行動することが多い

自分自身の身体なのにドクターや看護師、理学療法士にお任せ!っていう感じでした

それって正直、良くないことだと思います

もちろん専門家であるドクターや看護師、理学療法士にしっかり治してもらう!

ことも大切ですが

やっぱり

「自分の身体は自分の力で治す努力をすること!」これに尽きる再認識しました

私が当院に通っていただけている患者さんにいつも言っているお話を思い出しました

私たちはあくまで患者さんの治すお手伝い(施術)アドバイスをすることであり、

全力で施術し、良くなるために応援することだと思います

自分の自然治癒力がしっかり働いてくれば必ず治っていきます

(正しい施術が必要であり、施術が要らないよって話ではないですからね)

 

最後までブログを読んでいただき本当にありがとうございます

また何かあれば、お問い合わせフォームLINE@でもよいのでご連絡ください

 

投稿者: さくま整骨院

2020.01.23更新

ブログを読んでいただきありがとうございます

皆様からのブログの感想をいただき本当にありがとうございます

ご感想の中に、入院中大変だったんですね?とか私が理学療法士や柔道整復師なので

リハビリがしっかりできて良いですね?と頂きました

確かに入院中の生活は大変でした

交通事故に遭い、救急車で運ばれ、緊急入院!そして手術が行われて、リハビリ

現在に至ります

最初は、入院している状態を全く把握できずに、

人を恨んだり

自分を恨んだり

家族にあたったこともありました

しかし、そんなことをしていても「1ミリも良くならない!」ってことに気づいたんです

そこから、自分のスイッチがオンされました

でも心の葛藤は正直ありましたし、今もありますehe

そこでまず何をすべきか考えました

それは

やはり自分の強みでもある、身体を治すための知識をフルに使って

自分の身体を治そう!って決意したんです!

そこでまず、考えたのが入院中の時間管理です

ちょっと長くなりましたので、次回は時間管理について書いていこうかと思います

 

いつもブログのご感想や疑問をいただきとても感謝しております

また何かあれば、お問い合わせフォームLINE@でもよいのでご連絡ください

 

投稿者: さくま整骨院

2020.01.20更新

ブログを読んでいただきありがとうございます。

前の気づきブログ健康編⑤を読んでいただき、ある方からこのような質問がありました

熱心に読んでいただけていることを凄くうれしく思います

 

「ダイエットで5kg痩せたいと目標を立てましたが、うまくいきません

食べ物や運動も気にしているのに・・・何でですかね」

 

私もこのようなことばかり起こってきました(笑)

いつも数値目標、例えば1カ月で3kgダイエット!ランニングを1日30分する!

朝5時に起きて読書をする!など数えたら数えきれないくらい

失敗を重ねてきましたし、今も正直ありますen

色々な事に挑戦すると失敗ってつきものですよね

 

しかしその時には数値目標と行動目標を立ててみてください

ダイエット5kg痩せる為(数値目標)には

食べ物を腹八分にする(行動目標)

ウォーキングを週3回15分する(行動目標)

など

とりあえず1週間の行動目標を立てる

それを一週間やってみて体重がどれくらい落ちているか?

と効果を判定してみる

ダイエットの場合は、1週間ですぐに結果が出ることなんてないと思いますし、

大手のラ〇ザップさんみたいに3カ月ですぐに減量という結果を出してしまうと

そのリバウンドがあるので、長い目でダイエットをしたほうが健康という視点では

良いんではないかと私は思っています。

美容面や運動の種目によってはこれではいけないと思いますが

健康って視点ではそのように考えたほうが良いと思います

 

是非、参考にしてみてくださいね

次回からは、少しトレーニングやリハビリについて書いていこうかと思います。

最後になりましたが、沢山の方にブログを読んでいただき感想をいただいております

そのような感想やメールをいただけるととても嬉しいです

是非、お問い合わせフォームでもLINE@でもよいのでご感想いただけると嬉しいです

 

投稿者: さくま整骨院

2020.01.15更新

ブログを読んでいただきありがとうございます。

LINE@やお問い合わせフォーム・フェイスブックなどで激励のメッセージを多くの方から

いただき本当に感謝しております。感謝しかありません

そこでちょっとした質問というか疑問を教えていただきました

「佐久間先生だからダイエット成功、そして維持できたんじゃない?」

「身体のことを良く知っているから、意思が強かったから、特殊な能力があるから(笑)」

と褒めていただいたような気がしましたがehe

しかしこれはそうではないんです!昔の私を知っている方々に聞けば良くわかる

私は、保育園や小学生のときから肥満でした

それもどれくらいの肥満かというと小学生の時に学校で3本の指に入るくらい

渋谷区内の小学校に通った方なら分かりますが、「富山!!」っていうところに

昔は渋谷区の小学校の施設がありました(今はあるかわかりませんが)

そこに渋谷区の小学生の肥満の子供たちを集めて、生活習慣を改善するための

短期合宿をするということをしていました

今は時代の流れで絶対に言ってはいけないですが、先生が

「太りすぎだと富山行かせるぞ!」なんて言って子供たちの生活習慣を改善しようとしていました

しかし、私はその富山に怖くて行けないと拒否したくらい痩せるという意思がない人間でした

 

じゃなんでダイエット成功そして維持できているのかということは、次のブログに書かせていただきます

(今回は渋谷区の小学校に通ってなおかつ私の年齢ぐらいの方しかわからないものになってしまい申し訳ございません。)

 

投稿者: さくま整骨院

2020.01.10更新

ブログを読んでいただいてありがとうございます

ダイエット13キロ減量に成功したというお話をしたと思います

正直、ダイエットしたくてしたわけではありません

3カ月入院していた時の食事がなんと!1日1300キロカロリー!

これってかなり少ないですよ

朝は8枚切りの食パン2枚とスープ

昼も夜もご飯と本当にちょこっとしたおかず

これでおしまいです

本当に空腹との戦いでした

しかし、3カ月退院後現在も1キロしか太っていません(多分筋肉がついたから体重は増えたかも)

退院から約6か月間経っているのに・・・

入院3カ月以上の方が周りにいたら聞いてみてください

必ず体重は増えます

何をして体重をキープしていたかというと

常に体重計に乗って実験していました。

例えば、今日は家族で外食に行ったとします

ハンバーグとご飯、サラダ果物、ドリンクバーを食べたり飲んだり

そうすると、必ず体重は増えます

その体重ってどんな運動するとどれくらい減るのか?

トイレで出すとどれくらい減るのか?

お風呂に入るとどれくらい減るのか?

と徹底的に体重を図って自分自身がどれくらい食べてよいのか

どんな事をすれば体重が現状維持、そして減っていくのかと繰り返していました

要は、

食べてみて(実験)→体重計に乗り(結果)→運動や食事でコントロール(行動)→

次は体重が増えないようにどうすればよいのか考える(思考)

このサイクルを繰り返していました

当たり前のことですがこのサイクルを回すことはとても重要です

是非ダイエットしたい方は参考にしてみてください

トレーニングもちょっと工夫したものをしましたが、これは次の機会に書かせていただきます

 

投稿者: さくま整骨院

さくま整骨院 03-6277-4052
恵比寿駅からさくま整骨院までの道のりガイド
料金のご案内 ご利用者の声
さくま整骨院BLOG 院長挨拶
facebook 提携治療院